製造ライン

トップ > 製造ライン

各種缶ライン

大量生産から小さなロットまで、柔軟に対応。

充填巻締後に高温殺菌を施すレトルトラインをはじめ、炭酸等、各種の缶飲料を生産しています。

西日本キャンパックの缶生産ラインでは、コーヒーから、茶系飲料、炭酸飲料、乳飲料まで、ほとんどの缶飲料を充填できます。また、樽形など特殊な形状の缶や、小ロットの生産などにも柔軟に対応できるため、多くのブランドオーナー様からご採用いただいています。

缶ラインの主な特長

1.高速生産により短納期を実現。

缶コーヒーの生産スピードは国内最高で、毎分1,500缶の充填が可能です。

  生産能力
Aライン 25,000 c/s(550cpm)
Bライン 32,000 c/s(700cpm)
Gライン 54,000 c/s(1,500cpm)
2.小さなロットに柔軟に対応。

型替、切替が容易で小さなロットにも対応できるラインを用意しています。

生産ライン

対象の内容物

コーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶、炭酸飲料、乳飲料、スポーツドリンクなど

対象の容器

160g~500gの缶に対応
*特殊な形状の缶も対応可能です。

Aライン(リシール)工程

Bライン(炭酸)工程

Gライン(レトルト)工程

ページのトップへ

PETボトルライン(ホットパック)

ブランドオーナー様の主力商品を、長年にわたり生産。

高品質な商品をコンスタントかつ大量生産できるため、ブランドオーナー様から、主力商品の生産を依頼されています。

PETボトルのホットパックは、缶レトルトラインのように充填巻締後高温殺菌を行わないため、安全性の維持と向上が特に重要です。西日本キャンパックでは、ラインの衛生状態の確認、微生物検査などを徹底的に行うことで、トラブルの発生を極限まで抑制。トラブルが発生した場合も製品トレーサビリティにより迅速かつ的確に対応します。そのような万全の生産体制が評価され、ブランドオーナー様と強固な信頼関係を築いています。

PETボトル(ホットパック)の主な特長

1.高速生産により短納期を実現。

ラインは2ラインあり、最高毎分600本の充填が可能です。

  生産能力
Dライン 36,000 c/s(200bpm)
Eライン 27,000 c/s(600bpm)
2.小型容器から大型容器まで対応。

280mLから2Lまで対応できますので、一つの商品のさまざまなサイズの生産も可能です。北海製罐、オーエスマシナリーと共同で開発した軽量耐熱PETボトル「ALPS」にも対応します。

3.ホット販売用PETボトルに対応。

通常のホット販売用PETボトルと、北海製罐で開発したハイバリアPETボトル「ACTIS-LITE(アクティス-ライト)」に対応したラインを用意しています。

生産ライン

対象の内容物

緑茶、紅茶、ウーロン茶、果汁飲料、スポーツドリンクなど
*ミルク入り製品を除く

対象の容器

280mL~2Lのペット容器(コールド販売用・ホット販売用)

D/Eライン(PET)工程

ページのトップへ

PETボトルライン(無菌充填)

2014年5月から無菌充填ライン稼働。

無菌充填を行うには、(1).内容液が完全に無菌、(2).容器が完全に無菌、(3).内容液を充填密封する空間および環境が完全に無菌、(4).無菌包装の無菌性に対しての評価基準および管理体制が徹底されている、という四つの条件があります。西日本キャンパックの無菌充填では、これらをクリアするとともに、生産効率、生産速度、コスト、さらには環境への配慮も高いレベルを実現しています。

無菌充填ラインの主な特長

1.毎分150本の充填が可能。
  生産能力
Fライン 27,000 c/s(150bpm)
2.ブロー成型により環境への負荷を軽減。

自社でPETボトルを成型するため、PETボトルの完成品を輸送する場合にくらべ、CO2の削減に貢献できます。

3.特殊な形状の容器にも対応。

ブロー成型機の金型を換えることで特殊な形状の容器にも比較的容易に対応できます。

生産ライン

対象の内容物

ミネラルウォーター

対象の容器

2Lのペット容器(コールド販売用)

Fライン(無菌充填)工程

ページのトップへ